白秋の散歩道

アラフィフの今は白秋期。人生の収穫期にはいりました。神社仏閣めぐりや運気アップ、日々の気づきなどについて綴ります。

ブラック・ジャックの「自分を信じろ」に励まされる。

今朝、何人もの若いスタッフが道でクリアファイルを配っていた。ブラック・ジャックの絵が目に入る。欲しいなあと思っていたら、以心伝心かもらえた。いや以心伝心ではなく、スタッフからは「持って行ってくれるなら、老若男女誰でもいいから手渡ししたい!」という悲壮感が漂っていた。ウィンウイン。いいことをした後は気分がいい。

後でよく見たら医学部受験予備校の宣伝だった。完全に私は対象外。中には広告の他にシャープペンまで入っていた。そうそう、シャープペンも買おうと思っていたところだったのだ。なんというタイミングの良さ。それにしても、採算が取れるのだろうかと、予備校の予算が気になる。

f:id:funbaring:20200121201534j:plain

「自分を信じろ」いい言葉だ。いつも私は自信が足りない。今日も気分が上がらず、もやもやしていたところ、天啓が降りてきた。多分、このまま進んで大丈夫なんだなあ、と自分に言い聞かせる。

 

f:id:funbaring:20200121202117j:plain

そういえば高橋留美子「MAO」ブラック・ジャックが似ているという話をネットで読んだ。白髪と黒髪のミックスで、顔に傷があってクールなところは共通だが、似ている気はしない。少年漫画ヒーローの王道は、負けず嫌いの熱血漢だと思う。るーみっくキャラで言うなら、らんまや犬夜叉がこのタイプだ。ブラック・ジャックはクールに見えて、プライドも高いし、熱血漢だ。

しかし摩緒は穏やかで冷静、人と争うことが苦手で、いわゆるヒーローとは違う。豪快に笑うこともないし、感情の起伏も乏しい、体温の低いキャラだ。るーみっくの主演にしては珍しい。口調も教師的で、淡々としている。BJとはだいぶ違うキャラだが、大好きな人魚シリーズに雰囲気が似ている。この先の展開が楽しみである。

 

話が途中で変わってしまった。どうでもいいが、まだはてなブログに慣れていない。どうしてカテゴリーが表示されないのかよくわからない。その一方で、雑記なので特に分類しなくても良い気もしている。

東京大神宮参拝

東京のお伊勢様。恋愛成就のご利益で若い女性に大人気の東京大神宮に参拝しました。

www.tokyodaijingu.or.jp

 

都営大江戸線飯田橋」駅から。結構地上出口まで歩く上、方向感覚のない私には難しい道です。もう何回も来ているのに、相変わらず道が判然としません。迷った時は、若い女性たちの後をつけるのが正解。数名、同じ方向に歩いている綺麗な女性たちを見かけたので、多分この人たちにくっついていけば、目的地にたどり着くだろうと見当をつけました。彼女たちをこっそり案内人に見立てたところ、見事正解!土地勘、方向感覚はまったくありませんが、こういう嗅覚はいいのです。

 

f:id:funbaring:20200120212954j:plain

 

ご祭神(Webより引用)

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
伊勢神宮の内宮(ないくう)の御祭神。日本国民の総氏神
豊受大神(とようけのおおかみ)
伊勢神宮の外宮(げくう)の御祭神。農業、諸産業、衣食住の守護神
【造化の三神(ぞうかのさんしん)】
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)
倭比賣命(やまとひめのみこと)
天照皇大神に仕え、その御心を人々に伝えた天照皇大神の御杖代(みつえしろ)
 
造化三神が祀られている神社で参拝したのは大阪のサムハラ神社と東京大神宮くらいかな。天地開闢の神々です。性別もない、突如宇宙に現れた、性別も実体もない神様たちです。イザナギイザナミから、性別ができました。

f:id:funbaring:20200120193412j:plain

f:id:funbaring:20200120215511j:plain

f:id:funbaring:20200120215827j:plain

若い女性に人気がある神社ですが、参詣者は老若男女多岐に渡っています。ご利益は縁結びだけでなく、家内安全、商売繁盛などこちらも多岐に渡っています。それにしても混んでいた。

f:id:funbaring:20200120220824j:plain

f:id:funbaring:20200120220859j:plain

門の金具がハートで可愛らしいですね!

1月25日は旧正月。水瓶座の新月!(元日リベンジのすすめ)

年が明けたと思ったら既に約3週間が経過。うだうだしてしまった、心機一転が図れなかった、図り損ねた…というとき、私は旧正月でリベンジします。2020年は、1月25日(土)が旧正月に当たります。しかも、朝の6:44に水瓶座新月を迎えるというスペシャルな日。

今日から、新年の仕切り直し。不要なものを断捨離し、お掃除を念入りに行い、自分の心を見つめ直す。やりたいこと、やりたくないこと、できていること、できていないこと、逢いたい人、行きたいところ。感情の滾りを紙にぶちまける。抱負と呼べるものにならなくてもいい。思考が整理されます。

 

f:id:funbaring:20200120193412j:plain

お参りもいいですね。1月1日に比べ、混雑も収まっているので穏やかに参詣できます。(写真は東京大神宮)新月に入ってから、願い事を2個以上10個以下、紙に書くと叶いやすいといいますが、私は旧正月に入る前から年末の禊ぎの勢いで、心身家屋の整理を始めるつもりです。

 

本当は、今からここから、常に切り替えていくのがベストなのです。「元日」「新月」等に頼らずに、毎時好転できるマインドに整えるのが最善。ただ、せっかくなので暦や月をきっかけに、勢いづけてみようじゃないか、というのが私の主旨です。楽しく使えるものは何でも使え。易学や風水や日柄方位にこだわるあまり、恐怖心で動けなくなったりネガティブに陥ったら本末転倒です。すべて自分を楽しい方向に動かすために、きっかけとして用うものだと思っています。

深川不動堂「昇龍守」。虹色オーブを見た日。

脳ドックを受けたら「血管狭窄」の診断を受けた。来週、脳神経外科への紹介状を書いてもらうため、また受診することになった。生活習慣を振り返れば、酒やたばこはやらないものの、食べ過ぎ、食生活の偏り(脂っこいものや甘いものの摂取)、運動不足、ストレス過多と自分に原因があると思った。実に潔い私だ。改善できるところはしよう。ということでウォーキングを続けている。ただ近所をぶらぶらするのはだめだ。無目的に進むということが、どうもできない性分なのだ。だから神社仏閣めぐりを続けてみようと思う。(注:健康診断の結果を受ける前から、神社仏閣めぐりは好きだ)

今日は深川不動堂へ。

www.fukagawafudou.gr.jp

f:id:funbaring:20200119201259j:plain

f:id:funbaring:20200119201318j:plain

 

深川龍神へ願い事を届ける。最近の私にはスピード感が足りない。スピード感と言えば、龍神様の領分だ(と思う)。

 

f:id:funbaring:20200119201438j:plain

100円を入れ、水に溶ける願い札に願意と氏名を書く。おみくじに100円を使うなら、こちらのほうが真摯になれる、というのが個人的な感想だ。

f:id:funbaring:20200119201418j:plain

こちらの水場にお札を入れ、銅鑼を打つ。静かに拝礼。しばらくすると、願い札は水に溶け、ゆっくり水底に沈んでいく。

 

f:id:funbaring:20200119201806j:plain

深川龍神の写真を撮ったらえらく綺麗な虹色オーブが写っていた。本日一番の収穫。オーブ自体は珍奇ではないが、こんなにはっきりとしたレインボーオーラは珍しいようだ。理由はさておき、プリズムが好きな私は大喜び。ただただ気分が上がる。お不動様と縁の深い、龍神様も大好きだ。

不動堂参詣。たまたま見かけた「昇龍守」がやけに気になる。丸い水晶玉の子年根付にしようか逡巡したが、結局龍に惹かれてしまった。直感でGO!

f:id:funbaring:20200119202748j:plain

あらゆる運気の上昇を祈願した深川龍神のお守り。財運、社運、勝運、良縁運、商運、機運。「あらゆる運気」というところがいい。何かとご縁のある龍神様に、背中を押していただこう。

しかし、このお守りはどうやって携帯しよう。紐はないし、財布や手帖に入れるには少し分厚いし。パワーストーン用の袋に入れて持ち歩こうか。

お年玉年賀状の当選!金運アップについて。

今年は喪中なので、年末年始の挨拶は欠礼している。ただ宣伝等で3枚ほど年賀状をいただいた。当たるわけないと思いつつ、一応年賀状の結果発表を待ってから処分しようと思い、先ほど当選番号を確認したところ、お年玉切手シートが1枚当たっていた。

3枚のうち1枚が当たる。結構すごい確率だ。自分は出していないのに。ちなみに送り主は、私の守り本尊である高幡不動尊からである。

お不動様、ありがとうございます。愛しています。感謝、感謝♪

f:id:funbaring:20200119161048j:plain

2年前に撮影した高幡不動尊の本堂。龍の顔や腹のような雲が見える。

私はもともとくじ運は強いほうではない、と思っていた。しかし昨年末に買った年末ジャンボでは300円を3枚買って、うち1枚が3,000円の当選くじだった。金運はかなり強くなっている気がする。今日も車ナンバー8888(経済的な運の強さを表す)を見かけた。手相も財運線がしっかり入っている(以前、易者さんが「必要なときに必要なお金が入る運勢で、お金には困らない」と言ってくれたので、無邪気に信じている)。

取りあえず逝くまで生きられる算段はついた、と思う。経済的自由は手に入れた。ただセミリタイアした後にやりたいことはまだ形になっていない。一気に到達したら面白くないから、神様が少し「じらし」に入っているのだと思おう。

金運アップの秘訣は、自分は金運がついている!と思うこと。これにつきる。私は断捨離もするし、西に黄色いものも置くし、財布の中にレシートをためず、金運アップの神様参りも欠かさないが、多分それだけでは運気アップにつながらない。同じことをやっても「金運、金運」と欲しい欲しいオーラを出すと逆効果なのだ。むしろ、くじが当たった!等、小さなことでも大きく歓喜する。それから臨時収入が入ったら、人にプレゼントをしたり、とにかく循環させる。お金は貯めることも大事だが、まわすことはもっと大事。それで大体金運はつくと思う。

●小さな幸せを大きく喜ぶ

●好循環の使い方をする

そうすると、意外と必要な時にはお金がそろうものだ。経験上、そう思う。

【注意喚起】楽天会員向け詐欺メールが届いた。

楽天会員お客様 

残念ながら、あなたのアカウント

楽天会員個人情報 を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

 

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

楽天会員個人 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
ログイン

 

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

 


どうぞよろしくお願いいたします。

発行元 楽天株式会社
https://rakuten.co.jp
Copyright c Rakuten, Inc. All Rights Reserved.

という内容の文章がyahooメールに届いた。実に巧妙だが、おかしいとすぐ気づいた。私は楽天の登録をgmailにしているので、yahooメールに届くわけがないのだ。また最近、楽天での買い物はしていない。検索してみると、【注意喚起】詐欺メールという記事が多数ヒットした。

 

f:id:funbaring:20200118215904j:plain

いや、まったく危険極まりない。この手のメールは年々巧妙になってくるので、気を付けねばと思った次第である。よく読めば「24時間以内にロック」というのがおかしい。1日以上ネットにアクセスしない人もいるはずだ。その人たちにとって不利益になる、非常に不親切な一方通告だ。冷静に考えれば、相手にゆとりを与えず急いて煽るのが妙だ、と思う。しかし焦るとついクリックしてしまう人もいるのだろう。

皆さま、お気をつけください。

五感をよみがえらせる。求めるものに視点を合わせる。

片端からいろいろな本を読む。いろいろなブログを読む。読むことは昔から大好きだ。好きだった著者に冷めたり、興味が引かれなかった相手に引き込まれたりする。相手が変わったのではなく、自分の価値観が変わったのだと思う。反応するのは、その相手に呼応する部分が自分にあるからだ、という話を聞いて得心がいった。袖振り合うも多生の縁というが、触れた袖から縁が強まるのは、自分の意志や意図によるものだろう、という気がする。

 

f:id:funbaring:20200118100118j:plain

 

最近、少し直感が戻ってきた。人の感情が読めるようになった。仕事で疲弊していたときは全く勘が働かなかった。なぜでしょうね、と尋ねたときに相手は笑った。

――とてもおかしなことを言っているって、気づいている?自分の感情に蓋をして、見ないようにして、感じないようにして過ごしているのに、なぜ勘が働かないのかというのは、とても奇異なことなのよ。今のあなたは、自分のおかしさに気づいていない。

視界の闇が速やかに去っていくような感覚をおぼえた。当たり前のことに私は気づいていなかった。目隠しをし、耳栓をし、鼻に洗濯バサミをつけて、「五感が効かなくなった」と姥貝ているようなものだった。

五感をよみがえらせるものと出逢いたい、と思う。感覚を腐敗させるものを排斥していくと、どういうわけか流れが自分に向く。ひらめきが戻るのがわかる。触れて嬉しくなるもの、活気が滾るものを突き詰めていく。意識が停留するものにはフォーカスしない。

澱みを吐くのは悪くない。でも道端の吐瀉物を見たら誰でも避けるし、そのことを忘れるだろう。記憶にとどめようとはしないはずだ。汚物を大事に抱えて「見て!見て!イヤなところも受け止めて!それが誠実なひとでしょう?」というのは大きな勘違いだ。しかし、それが当然の取引のように行われる人間関係もまだ珍しくない。まず自分で汚物を抱えるのを止めにする。遺物や汚物は早目に手放して拘泥しない。そして人の「負」にも巻き込まれないようにすると、多分とても軽やかに生きられる気がする。